AI(人工知能)が医療にも進出か?

   

AI(人工知能)が医療にも進出か?

AI(人工知能)の革新的進化は、ついに医師の業務を支援させる動きを加速させました。

人間ではどうしても限界のある、医学の膨大なデータをAIなら忘却されることなく記録し続けることができます。

スポンサーリンク

厚生労働省も重い腰をあげ、以下の3つを提言しています。

(1)人工知能による診断や治療方針の最終的な意思決定は医師が行う
(2)人工知能を活用した意思決定においての最終的な責任は医師が負う
(3)より良い診療支援の確率のために人工知能の開発に医師の関与が必要

・・・・・・まとめると、人工知能はあくまでも医者のアシスタントで、医者に成り代わって業務を行うようではありません。

まあ、AI任せにすると、「診断に対しての責任の所在が不安」な人が出てくると思いますし、妥当だとは思います。

どのようにAIが医療の現場で活躍できるのか?

医療における、AIの活躍の場ですが、これにはいろいろます。

たとえば、問診。

患者に体の状態を質問していって、

(痛みがある→あるならどこに痛みがある→吐き気はあるか→めまいはあるか・・・・・・)

AIが過去のデータベースから考えられる病気の可能性を絞っていくことができると考えられています。

それを参考に、医者が病状を判断していく、ということになるでしょう。

AIなら、過去の患者のデータから、受診すべき診療科や、受診すべきタイミング、そして予測される検査・治療法や、自分でできるセルフケア方法まで示すことができると思います。

さらに、そこにディープランニング(深層学習)が組み合わさることにより、レントゲンなどの画像処理に関する分野においては人間以上の能力を発揮すると言われています。

ディープランニングがあることで、ある特定の病気に現れる特徴がよくわかる画像を大量に見せて、AIに学習させることで、それらの特徴を勝手に習得し、現場で、その病気を診断することができるようになる、とも言われています。

実際に、ディープランニングによるマルチモーダル医療診断システム、というものが考えられています。

CTスキャン、超音波検査、レントゲンなどの画像をAIが読み取って、医学のデータベースや過去の患者の膨大なデータによるマルチモーダル(複数のデータ種類の)なデータの突き合わせによって、診断を行うことができると言われています。

もちろん、それでも完璧に病状を診断できるとは限りません。

AIとはいえ、誤診もないとは言えません。学習していた特徴とは違っていたけど病状が同じだった場合はその判断が出来ないかもしれません。

しかし、AIと人間のダブルチェックにより、大きな病気を見逃してしまう確率は、

在来の人間と他の人間のダブルチェックよりも遙かに小さいと思います。

実際、意識調査においても、AI医療による診断に「根拠が明示され結果に納得ができるのではないか」というものがあります。

スポンサーリンク

AIの医療界での実例

治療に難航していた急性骨髄性白血病のある患者の遺伝子情報を、

米IBMの「Watson(ワトソン)」で解析したところ、

急性骨髄性白血病とは別の特殊なタイプの白血病の可能性を指摘しました。

これを参考に医師は治療方針をそちらの方に変更したところ、なんと患者は快方に向かうことができました。

ワトソンはなんと2000万件もの医学論文を学習しており、

極めて診断することの難しい特殊な白血病を10分ほどで突き止めたそうです。

他にも41名の患者に対して治療の提案を行っています。

このように、AIは実際に結果を残しています。立派だと思います。

AI(人工知能)と医療界の未来

未来、5年や10年もすれば、医者の隣にAIがいるのは当たり前の時代がやってくると、私は予想します。

AIで、正確に病名を見抜き、その症状に合った薬を出し、

また医者がそれを確認したり、

AIにはまだできない感情面、つまり「患者の不安を取り除く」「患者の話を聞いて共感する」などというように患者と深くコミュニケーションを図り、患者が真に必要としていること、そしてそれに対して医療ができることを一緒に探し出す、

といった、身体と精神の両面からの医療サポートが現在よりも良質に、そしてスピーディーに行うことのできる時代がやってくるかもしれません。

より質の高い診断がスピーディーに行われることは、待ち時間が短くなり、治療時間も短くなりますから、患者にとっても有益ですし、

それだけでなく労働時間が減って質の高い医療を行うことができ、人手不足や地域格差も軽減されると予想できるため、医師の方にとってもメリットが大きいと思います。

やはり、人手不足や地域格差といった問題は医療界には現実起きていて問題視されています。

今後はAIの導入で少しは楽になれるのではないか、そう期待されています。

私は、そう遠くない未来に、AIと医者のタッグが当たり前の時代がやってくると、そう思っています。

スポンサーリンク

関連記事
AI(人工知能)のせいで仕事はなくなるのか?
AI(人工知能)が将棋でプロ棋士に勝利する時代
AI(人工知能)とは一体何?

 - その他

グロースファクター