地球一周の長さは何キロ?

   

地球一周の長さは何キロ?

地球一周

スポンサーリンク
地球って大きいですよね。

では、その地球一周の周の長さはどれぐらいのものになるでしょうか?

昔は、地球の長さから1mを定義していたそうです(今は違いますが)

そのとき地球一周の4000万分の一が「1m」としていました。つまりその時代ではちょうど4万キロだった訳ですね。

ですが、現在は1mの定義が違いますので、ちょうど4万キロ、という訳ではありません。

地球は完全なる球体ではない

地球は”ほぼ”球体です。ほぼ、ということは完全な球体、という訳ではありません。

というのは、地球の自転の影響で、赤道がやや膨らみます。よって赤道上を一周した時の長さ(緯度0度ライン)と、北極から南極を通って北極に戻って一周した時の長さではやや異なります。

具体的な数字で出しますと、こうなります。

赤道の長さ:約4万77km。

北極と南極の2点を通る長さの約4万9km。

もし、人に「地球一周の長さは?」と聞かれた場合は4万kmと答えればまず間違いありません。

どちらも有効数字2~3桁程度なら4万kmですしね。

世界一周の距離を歩いたらどれぐらいかかる?

4万kmという距離を歩いてみたとしましょう。

一般的に、一般人の歩行速度は5km/hと言われています。

まさか1日中歩く、というわけには行きませんですので、ここでは24時間のうち、15時間を5km/hで歩き、残りの9時間は休憩や食事、睡眠などに費やしたとします。

40000/5=8000

8000/15=533.333…..

534日かかります。

年に直すと約1年半と言ったところですね。結構かかりますね。

そもそも15時間も一周するために歩けませんね。

ちなみに10時間にすると800日かかります。つまり約2年と3ヶ月弱と言ったところでしょうか。

まあ、絶対に無理、とは言えないが、やはり4万kmという距離は長いですね。

実際は海があるせいで、歩けませんが(笑)

スポンサーリンク

実は古代ギリシャの時代から地球の一周の長さが計測されていた

実は、最初に地球の一周の長さを計算したのは、「エラトステネス」という、古代ギリシャ人です。

実に紀元前の話です(紀元前230年)

このエラトステネスさんは、地球が球体であると考え、

エジプトにあるシエネという町で、夏至の日に「太陽が真上にある」ことを基準に、

同じ日の同じ時間に、アレキサンドリア(シエネから925km離れている)の町では、太陽は7.2度傾いることに気づいたそうです。

925×360÷7.2=46250

よって、彼は地球一周の長さを「約4.6万km」という答えを導き出したのです。

相対誤差で計算すると15%。2000年前から85%の精度で正しかった訳ですね。

相当頭良いですね彼。

そもそも、衛星写真はなく長距離旅行もない時代に「地球は丸い」と考えたのがすごいですね。

まとめ

地球1周の長さは約4万キロメートルです。

後、地球は正確な球体ではなく、わずかに横が膨らんでいるような形になっていることが、人工衛星よりわかっています。
(まあ、我々が見る程度なら球体にしか見えないくらいですが)

話の種に使ってみると、良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - その他

グロースファクター