日本における英語教育の問題点とは?

   

日本における英語教育の問題点とは?

スポンサーリンク




昔に比べ、外国語、とりわけ英語の需要は高まっていると思われます。

どこもかしこもグローバル教育ですし。

国際関係の学部や学科は多くの大学で1つくらいあるのではないでしょうか?

そこには留学制度があったりして、半年とか1年、海外に行って学んだりふれあったりする、なんてこともあるのでしょうね。

また、都心部の学校だけでなく、地方の学校でもAET(Assistant English Teacher)と呼ばれる英語の授業を手助けしてくれるネイティブの先生と一緒に授業を進めるようになりましたね。

それでは、日本の英語教育は変わっているのでしょうか?

座学で文法偏重にした英語教育の弊害

日本の英語教育はどうしても文法中心書き言葉中心になっている印象があります。

そのため、ネイティブスピーカーからすると、堅苦しくぎこちない英語に聞こえるそうです。

もっと自然な英語があるのに・・・と。

私の友人のカナダ人が「僕は日本にきて英語の語彙が増えた」と皮肉ってました。

要は本場で使わないような単語や文法を我々は覚えさせられているんです。

点数を取るため、受験に使うための英語、つまり受験英語が招いたのは、点を取るためだけにほとんど使われない文法などを覚えさせられる、という現実です。

他には、発音イディオムなどの細かい知識は豊富だけれど、いざ英会話になると円滑にコミュニケーションが取れない、というのが日本人のよくある特徴です。

やはりこれも英語教育が影響しているとみて間違いないでしょう。

もっと簡単でスムーズな表現があるにもかかわらず、より複雑な文法を駆使して文章を作り会話しようと思っている人が多いです。

あと、受験英語の弊害でしょうか、パーフェクトな文法で話さないといけないと思っている人が多いのではないでしょうか。

そんなことはありません。完璧でなくても伝えたいことはわかります。私たちが外国人の片言の日本語でもなんとなく理解できるのと同じです。

スポンサーリンク




スムーズでない小中連携

私は、小学校英語と中学校英語に乖離した部分、差があると思います。

小学校学習指導要綱には教材の指定がないため、活動内容は各教師によりばらつきが出てしまいます。

文部科学省から支給された「英語ノート」も使うか使わないかは各小学校次第です。

したがって中学校の学区にある複数の小学校で英語活動の内容が異なってしまうと、児童が学んだ英語のレベルも変わってきてしまいますから、結局中学校の先生は困っちゃうわけですね。

最終的には小学校英語を無視して、在来の中学校スタイルの英語を学ばせるしかない、というふうになってしまいます。

たとえば、中国、韓国、台湾では4技能(話す、聞く、読む、書く)のバランスがとれたカリキュラムを小学校英語教育に導入しているそうです。

その結果、国際的な英語能力テストであるTOEFLで日本より高い点数を出しているとされています。

リスニングはもちろんのこと、文法やライティングといった日本人が得意としている部分でさえも、日本優位とも言えない、そんな感じになっています。

このままでは日本の国際競争力は低下し、世界での発言力も減って言ってしまうかもしれません。

スポンサーリンク




日本教育の改善すべき点

まず英語の重要性をもっと認知すべきかもしれません。

良くも悪くも、日本にいれば、英語を使う必然性は感じられません。ほとんどの場合において日本語さえ話せることが出来れば、生活できます。

英語が生活必需品ではなく、ビジネスの手段や海外旅行に行くときに必要、ってだけです。

それは他の国とは大きく違う点だと思います。

今後の潮流として、日本だけでなく、海外にも目を向けないといけません。

英語くらい普通に話せないと困る、という時代になると思います。

その時に書くことを疎かにしてもいい、とは言いませんが、もっと会話を中心とした実践型の授業を多くした英語教育を取り入れてもいいのではないでしょうか。

折角AETもいることですし、いっそのこと、そのAETとまともに話すことを目標として、教科書もそれにあわせた最新の話し言葉の英語を載せていくと楽しいのではないでしょうか。

もしくは、洋楽や洋画も英語を学ぶにはいい効果を生むと思います。

映画や音楽が好きな人はたくさんいますから、英語の需要が高まります。つまり、洋楽のために英語をやる、というモチベーションにつながる、ということです。

単に勉強のための英語だとつまらないですが、これが洋画を吹き替えでなく字幕で見ることができるようにするのが目標、とするとちょっとは面白くなるのではないでしょうか。

まとめ

とにかく、今のままだと英語が上手い人を育てるのは難しいと思います。

もっと、フレキシブルに対応できるような、ネイティブスピーカーと対等にお話しできるような存在になるためには、もっと本場の英語らしく、知識よりも体験・経験で体にしみこませる、といったやり方もいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク




 - その他

グロースファクター